脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛などに効く!

腰痛体操  【骨盤ゆらゆら体操®】

健康雑誌【安心】2013年5月号『骨盤特集』に掲載

大反響の腰痛体操【骨盤ゆらゆら体操®】

腰痛に効く!全国治療ガイド】おすすめ治療院

川井筋系帯療法治療センター監修

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛などに効く!腰痛体操【骨盤ゆらゆら体操】

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛などに効く!腰痛体操 【骨盤ゆらゆら体操】 

骨盤ゆらゆら体操®」のオリジナル図解版

書籍【腰痛・股関節痛・足のしびれが消える「骨盤ゆらし」

簡単な腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」   

川井筋系帯療法治療センター院長 川井太郎 著

大好評の新刊書 Amazon部門別ランキング 第2位獲得!

全国有名書店にて大好評発売中!

 

TBS人気番組『この差って何ですか?』SPでも

『骨盤ゆらゆら体操』が紹介されました!!

2017.3.21

脊柱管狭窄症の腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」

 

 

『骨盤ゆらゆら体操』を

動画でわかりやすく解説!!

寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」DVD

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛 などでお悩みの方ぜひお試しください。

 

  《体 験 談》

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛などに効く!腰痛体操 【骨盤ゆらゆら体操】

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛などに効く!腰痛体操 【骨盤ゆらゆら体操】

骨盤ゆらゆら体操®」のオリジナル図解完全版

書籍【腰痛・股関節痛・足のしびれが消える「骨盤ゆらし」

簡単な腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」  

川井筋系帯療法治療センター院長 川井太郎 著

大好評の新刊書 Amazon部門別ランキング 第2位獲得!

全国有名書店にて大好評発売中!

 

TBS人気番組『この差って何ですか?』SPでも

『骨盤ゆらゆら体操』が紹介されました!!

2017.3.21

脊柱管狭窄症の腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」

 

『骨盤ゆらゆら体操』を

動画でわかりやすく解説!!

寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」DVD

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛 などでお悩みの方ぜひお試しください。

 

 

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛に効く! 【骨盤ゆらゆら体操®】

 骨盤と股関節のゆがみを正し、脊柱管狭窄症などの

 腰痛を治す「骨盤ゆらゆら体操®
 

 シンプルなのに効果は抜群!
 
  私の治療院で行っている「川井筋系帯療法」とは、痛みやしびれが生じる原因を、筋肉の系列(筋系帯)から判断
 します。そして、そこにつながる筋肉や骨格のゆがみを正し、体を正常な状態に戻していくのです。
  治療の方法はシンプルですが、効果は抜群です。患者さんにあおむけになってもらい、両膝を抱えた状態で、
 骨盤を中心に全身をゆらゆらと軽く揺さぶる―ほぼこれだけです。(通称:骨盤ゆらゆら整体

  特に、腰痛への効き目が高く、脊柱管狭窄症(脊髄などの神経が入った背骨を通る管が狭くなる病気)や椎間板
 ヘルニア
(背骨を構成する椎骨と椎骨との間にある椎間板が飛び出す病気)、坐骨神経痛(お尻から太もも裏側に
 かけて痛む症状)で、多くの改善例があります。
  「数メートル歩くのもつらかったのに、今では30分の散歩が難なくできる」「椎間板ヘルニアで医師から車イス宣告
 を受けたが、元気に歩けるようになった」など多くの患者さんから喜びのご報告をいただいております。
 
  ポイントは、「股関節と骨盤の関係です。」実はここに、腰痛の根本原因があるのです!腰痛は、腰の部分の椎骨
 の配列が悪くなることで起こります。その多くは、骨盤が原因だといえるでしょう。
 
 患者さんが自宅でも行える腰痛体操骨盤ゆらゆら体操
 
  骨盤の周りには、背骨につながる筋肉がいくつもあります。例えば、股関節から骨盤、背骨へとつながる大腰筋、
 骨盤から背骨につながる脊柱起立筋などです。骨盤の位置が左右に傾いていたり、ねじれていたりしていると、
 全身のバランスをとるために、これらの筋肉の一部が引っ張られます。その影響で、椎骨にズレが起こってしまう
 のです。

  となると、腰痛には骨盤の位置を正すことが有効ですが、それだけでは根本的な解消にはなりません。なぜなら、
 腰痛の本当の原因は、骨盤を支える股関節にあるからです。
 
  本来、股関節は左右の付き方が均等です。ところが、姿勢が悪かったり、特定の側の足だけを組んで椅子に座る
 クセがあったりすると、付き方に偏りが生じます。具体的には左右のどちらかが内側に入ってしまったり、逆に外側
 に向いてしまったりという状態です。股関節は、骨盤の外側にある大きなくぼみ(寛骨臼)にはまり込む形で、骨盤と
 つながっていますから、この偏りはそのまま骨盤にまで波及します。その結果、骨盤のゆがみやねじれが起こり、
 腰痛を起こすのです。
 
  私たちは、施術前に、まずモアレ写真を撮影しています。モアレ写真とは、骨格と筋肉のバランスを曲線で映し
 出した画像のことで、骨格のゆがみ、そして治療の効果がよくわかります。

  川井筋系帯療法では、股関節、そして骨盤周りの筋肉を順にゆるめることで、股関節と骨盤を本来の位置に戻し
 ていきます。その結果、腰痛が解消するのです。それは、モアレ写真でも一目瞭然です。
 
  今回ご紹介する腰痛体操の「骨盤ゆらゆら体操」は、私の治療院で行っている施術(骨盤ゆらゆら整体)をより
 簡単にし、患者さんがご自宅でも行える形にしたものです。 「骨盤ゆらゆら体操」は、1日2回ぐらい行うといい
 でしょう。
  起床時や入浴後などがお勧めです。ポイントは、頑張り過ぎないこと。「気持ちいいな〜」と思う程度に、ゆっくりと
 動かすことを心がけてください。

 *実際の施術風景:脊柱管狭窄症の手術をしない療法とは??


  
 腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」体験談
 
 脊柱管狭窄症の痛みが消え、ゴルフができる!肩こりも解消した「骨盤ゆらゆら体操」  72歳男性 弁護士

 痛い部分に触れずに治す
 
  3年前、激しい腰痛に見舞われ、病院の整形外科を受診。脊柱管狭窄症(脊髄などの神経が入った背骨を通る
 管が狭くなる病気)と診断されましたが、当時は何日かするうちに、痛みは自然と消えていきました。

  ところが、それから2年半ほどして再発。前回以上の激しい痛みにのた打ち回るほどで、杖をついてようやく移動
 できる状態でした。やはり整形外科を受診し、薬である程度は痛みが緩和されましたが、まだ腰になんとなく痛みが
 残っています。そんなとき、知り合いから川井太郎先生を紹介してもらったのです。

  知人の話では、川井太郎先生の治療院では、脊柱管狭窄症の改善例が数多くあるとのこと。早速通うことにしま
 した。

  通院して2回目ぐらいまでは、特に変化はありませんでした。それが、回を重ねるごとに少しずつ痛みが軽くなり、
 5回目にはまったく痛みがなくなっていたのです。痛みがなくなると、ゴルフがしたくなります。友人に誘われたことも
 あり、川井先生に相談。「ゴルフができる状態まで治しましょう。」と、その後も治療を続けました。その甲斐あって、
 再開したゴルフではまったく痛みなし!これは本当にうれしかったです。

  ここまで改善するのに、通院した回数は9回。週1〜2回のペースで通っていたので、3か月程度で治った計算
 です。その間、自宅でも、毎日、起床時と入浴後に腰痛体操の「骨盤ゆらゆら体操」を行っていました。
 この習慣は、現在も続けています。そのほか、川井先生から「再発予防には体重を増やさないことも大切です」と
 アドバイスをいただいていたので、これもしっかり守るようにしています。

  そのおかげでか、治療が終わって数か月たった今も、まったう腰痛のない生活を送れています。ありがたいかぎり
 です。

  川井先生の治療を受けてみて驚いたのが、痛い部分に直接触ることなく治してしまう、というところです。お尻から
 腰にかけてゆらゆら揺らすだけで、腰の痛みや、さらに肩や首のこり、頭痛までも解消してしまうのです。面白いし、
 また画期的な治療法だと思っています。

 

 《筋肉の拘縮を取り、ゆがみを改善する》 川井太郎先生コメント
 
  脊柱管狭窄症を治す上で最も重要なのは、股関節と骨盤の周囲にある筋肉をほぐし、ゆるめることです。
 長年の生活上のクセや加齢によって生じたこれらの筋肉の拘縮(筋肉が収縮した状態)をゆるめることで、その筋肉
 と連動している股関節や骨盤のゆがみが改善され、腰椎(背骨の腰の部分)の中を通る神経も圧迫から解放される
 のです。

 

 腰痛ばかりかぜんそく、アレルギー性鼻炎も治った!「骨盤ゆらゆら体操」にびっくり!!   55歳女性 会社員

 傘を杖代わりにしていた

  18歳のときにぎっくり腰になって以来、ずっと腰痛に悩まされてきました。振り返ってギックリ、クシャミをしても
 ギックリ。。。。。そんな具合にしょっちゅう腰に激痛が走り、しまいには、左足の股関節が外れたようにぶらぶらした
 状態になり、左足を持ち上げるようにして歩かなくてはならなくなってしまいました。

  整形外科やカイロプラティックなどに通いましたが、改善がほとんど見られません。寝ても覚めても消えることのない
 腰痛に、気持ちもどんどん塞いでいきました。そんなとき、ある女性誌で川井筋系帯療法治療センターを知ったの
 です。「今度こそは」と行ってみることにしました。40歳のときのことです。当時は歩行も困難で、傘を杖代わりに
 治療院に行ったのを覚えています。

  最初に撮影したモアレ写真(体のゆがみ具合がわかる写真)で自分の身体に、大きな左右差があることがわかり
 ました。これだけゆがんでいれば、痛いのも当然です。そして、「これが治ればいいのだ」と治療へのやる気が出て
 きました。

  とはいっても、治療を開始した当初は、半信半疑なところもありました。というのも、仰向けになって膝を抱え、
 ゆらゆら揺らすだけという、あまりに簡単な治療だったからです。

  でも、「これは効いている!」と思えるようなことが起こります。腰痛同様、これまで苦しんできたぜんそくとアレルギー
 性鼻炎の症状が治まったのです。これは驚きました。腰を治すつもりが、別の部分が治ってしまったのですから。

  肝心の腰痛ですが、徐々にではありますが、痛みが薄らいでいき、いつの間にか気にならなくなっていました。
 乗馬や社交ダンスも始めることができ、これは今も続けています。

  現在、腰の痛みはほとんどありませんが、体のメンテナンスも兼ねて、2週間に1回は、川井先生の治療院に
 通っています。毎日の習慣として、腰痛体操の「骨盤ゆらゆら体操」も朝夕2回行っています。

 「もう治らない」とあきらめている腰痛持ちの皆さんに、ぜひお勧めの健康法です。
 
 
 《部分的なポーズをとるだけで痛みが解消する》  川井太郎先生コメント

  ぎっくり腰など、急性腰痛の場合は、すぐに「骨盤ゆらゆら体操」行うのではなく、症状が少し和らいでから始めると
 よいでしょう。症状がなかなかひかない場合は、無理をせず、できる範囲の動作、ポーズを痛みの様子を見ながら
 少しずつ行ってください。
 

 簡単な腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操」の本なら、「腰痛・股関節痛・足のしびれが消える「骨盤ゆらし」

川井筋系帯療法治療センター

脊柱管狭窄症の手術をしない療法&体操の紹介

 

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛 などでお悩みの方は

お近くの治療センターへご相談ください。

 

頭痛・肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労など専門の整体院

東京(渋谷) 横 浜 船 橋 大 宮 名古屋 札 幌

Kawai Kinkeitai Therapy

簡単!腰痛体操骨盤ゆらゆら体操

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛など改善!

腰椎椎間板ヘルニア  腰部脊柱管狭窄症 足のしびれ  仙腸関節痛・仙腸関節機能障害  梨状筋症候群  尾骨・尾てい骨の痛み 股関節の痛み